FC2ブログ

[PR]
◆恋人達のアイテム◆
LOVERSDAY







もう一人の美人妻の話へ >>

中野の提案を聞いた理香子は、あまりに酷過ぎる命令にさすがに拒んだ。
すると、中野をはじめとするご近所さん達全員が、言う通りにしないなら理香子が家の中で全裸生活をしている事をマンション中に言いふらし、さらにマンションの定例集会をこれから理香子の部屋で行い、住民全員の前でストリップショーを披露じてもらうと脅してきたのだった。

「そんな・・・」

ご近所さん達から脅された理香子は、返す言葉がなかった。
マンションの住民全員の前でストリップを披露するなど想像するだけで目眩がした。
そんな事になれば、これからこのマンションでどんな顔して暮らしていけば良いのかも分からなかったし、とても生きた心地がしなかった。

一体どうすればいいの・・・。

理香子がいつまでも食卓で途方に暮れていると、玄関の方から男の呼ぶ声が聞こえた。

「さぁ、理香子さんどうするの?早く決めなさい!」

中野に促され追い詰められた理香子は、もう辛く悲しい決断をするしかなかった。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト