FC2ブログ

[PR]
◆恋人達のアイテム◆
LOVERSDAY







もう一人の美人妻の話へ >>

「理香子さん、どうしたの?」

菅原が、丸裸のまま慌てて戻って来た理香子にわざとらしく声を掛けた。

「小銭が足りなかったみたいで」

理香子はそう言って、食卓にとりあえずピザの箱を置くと、自分の財布から足りない小銭を取りに行こうとした。

「理香子さん待って。小銭なら私が出すわよ」

最年長の中野はそう言うと、理香子に足りない小銭を渡した。

「すいません。ありがとうございます」

小銭を受け取った理香子が、再び玄関に向かおうとすると、中野がいきなり理香子の腕を掴んだのだった。

「待ちなさい。せっかくだから玄関で私達に面白いショーでも見せてくれないかしら」

中野は意味深な表情でそう言うと、丸裸の美人妻に向かってとんでもない提案をした。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト