FC2ブログ

[PR]
◆恋人達のアイテム◆
LOVERSDAY







もう一人の美人妻の話へ >>

ランチ会はいつしか丸裸の美人妻の羞恥ショーへ変貌しようとしていた。
最年長の中野が理香子の乳首を甚振り続ける中、幹事の菅原が次なる計画を実行に移そうとしていたのだった。
 
ピーンポーン、

部屋の中に突然チャイムが鳴り響き、理香子の乳首を弄っていた中野はふいにその手を止めた。

「あら、誰か来たのかしら?」

菅原が白々しくそう言ってインターホンのモニターを覗き見ると、そこにはデリバリーの男の姿が映っていた。

「あぁ、そうだ。さっきピザの注文をしたんだったわ」

菅原はそう言うと、インターホン越しにエントランスのオートロックの扉を解錠したのだった。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト