FC2ブログ

[PR]
◆恋人達のアイテム◆
LOVERSDAY







もう一人の美人妻の話へ >>

「あらぁ、理香子さん、それじゃあどうして乳首がこんなにも勃っているのかしら。本当は私達に裸を見られて感じているんじゃないかしら?」

理香子の隣に座っている最年長の中野がそう言って、理香子の乳首を指差した。

すると、食卓を囲む全員の視線が理香子の乳首に集中し、確かに綺麗なピンク色をしたそれは、硬く尖っていたのだった。

「いやぁぁん・・・見ないで下さい」

自らの体の恥ずかしい反応を露骨に指摘された理香子は、羞恥に顔を真っ赤に染めながらうろたえた。

「ヤダぁ、理香子さん、乳首ビンビンじゃない」

「てことは、やっぱり理香子さんて露出狂なんだぁ」

「真面目で清楚な人妻さんだとばかり思ってたけど、人は見かけによらないって本当なのねぇ」

ご近所さん達は、美人妻の尖った乳首を見つめながら、理香子が露出狂だと勝手に決め付け盛り上がった。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト