FC2ブログ

[PR]
◆恋人達のアイテム◆
LOVERSDAY







もう一人の美人妻の話へ >>

「それじゃあ、今度はオッパイを触らせてもらおうかな」

菅原は、目の前で恥ずかしそうに悶える理香子の姿に加虐心を焚きつけられたのか、理香子に再び正面を向かせると、その形良い豊満な乳房に手を伸ばし、その感触を確かめるように揉みしだいた。

「あぁぁん、優子さん本当にもう止めて下さい・・・あぁぁん」

理香子は同性に剥き出しの乳房を弄られるのも恥ずかしかったが、何よりも姉のように慕っていた菅原の豹変した姿に心が追い付いていかなかった。
 
どうしてこんなことするの・・・。

目の前で欲情を剥き出しにして自らの乳房を触る菅原の姿に、理香子は彼女の本性を垣間見た気がしていた。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト