FC2ブログ

[PR]
◆恋人達のアイテム◆
LOVERSDAY







もう一人の美人妻の話へ >>

それは、夫の章が意図した通りに理香子が身も心も奴隷化している事の表れであった。
名も知らぬ男達に至近距離から自らの裸を鑑賞され、体が勝手に疼いてしまう。理香子はそんな自分に戸惑いながらも、宅配業者の男達が帰った後、一人きりの部屋で疼く体を自分の手で慰めた。

いつも部屋の中では丸裸で生活するようにという夫の命令は、こうして理香子の中に新たな性癖を開花させようとしていた。
ただ、玄関のチャイムが鳴る時は、いつも宅配業者の男達ばかりとは限らず、たまに、同じマンションに住むご近所の主婦が訪ねてやって来る事もあったのだ。

全裸生活を始めてまもない頃に、隣の部屋に住む菅原優子という四十代の主婦が、旅行のお土産を持ってやって来た事があった。
理香子はインターホンのモニターに映る彼女の姿を見て戸惑った。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト