FC2ブログ

[PR]
◆恋人達のアイテム◆
LOVERSDAY







もう一人の美人妻の話へ >>

理香子はちょうど一時間ほど前に起きて、この恰好のまま部屋を出てマンションの外までゴミ出しに行っていたのだ。

もしも誰かに見つかれば、場合によっては通報され捕まりかねないその常軌を逸した行為もまた、夫の章による命令に他ならなかった。

こうして貞淑だった美人妻は、一つの過ちをきっかけにその人生の歯車を狂わされ、夫に調教される奴隷妻として羞恥に塗れた日々を過ごしていた。

こんな生活がこれからずっと続くのかと想像するだけで、理香子はどうしようもない気持ちになったが、愛する男、武田との禁断の関係を夫に受け入れてもらえただけでも有難いと思い、それ以上のものを自分のような不貞な妻が望むなど許されるわけがないと自分に言い聞かせるのだった。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト