FC2ブログ

[PR]
◆恋人達のアイテム◆
LOVERSDAY







もう一人の美人妻の話へ >>

丸裸の美女の口から飛び出したおもいがけないお願いに、デリバリーの男は立ち去ろうとしていた足を止め、再び玄関の中に入って来た。

「どういうことですか?」

若い男は目を血走らせながら、目の前で恥ずかしそうに俯いている理香子に問い掛けた。

「私の・・・オ、オッパイを揉んでください・・・お願いします」

理香子はもう一度男の前で屈辱の口上を告げた。
今日会ったばかりの見ず知らずの男に対し裸を晒しながら、自分の胸を揉んでくれと頼むのは、誰が見てもただの変態でしかなかった。
 
そして今、理香子の目の前にいるデリバリーの男もおそらく同じように思っているに違いなかった。
気品溢れる美しい大人の女性が、どういうわけか部屋の中から丸裸で現れ、恥ずかしそうに体を震わせながらも、その乳房も股間も全く隠そうとはせず、ついには胸を揉んで欲しいとありえないお願いまでしてきたのだ。

若い男にとって、これほどまでの美女が素っ裸で目の前に現れたというだけで、まるで夢でも見ているような気分であったが、理香子の口から飛び出した大胆なお願いには、さすがに少し引いてしまっていた。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「確かにいただきました。それじゃあ」

男は体の奥で滾る欲望を必死に堪え、理香子から受け取った小銭を鞄の中に入れると、もう一度、理香子の裸を凝視してから玄関から出て行こうとした。

「あの・・・待ってください」

理香子は、目の前から立ち去ろうとする男を慌てて呼び止めた。
そして、部屋の奥の方を一瞬振り返り、奥にいるご近所さん達が自分をしっかり監視しているのを確認すると、男に対してとんでもないお願いをしたのだった。 

「あの・・・私の・・・オ、オッパイを揉んでもらえませんか・・・?」

丸裸の美女の口から飛び出したとんでもない発言に、若い男は目を丸くし、一方、頼んだ理香子の方は羞恥に体を小刻みに震わせていた。

理香子が放った言葉は、さっき中野達から命じられたセリフそのもので、これから丸裸の美人妻は部屋の奥から見守るご近所さん達の前で、羞恥ショーを演じなければならないのだった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「わかりました。言う通りにしますから、どうか他の住人の方には何も言わないでください」

理香子は小さな声でそう呟くと、覚悟を決めてデリバリーの男が待つ玄関へ向かった。

中野達ご近所さんが美人妻に与えた命令は、まず両手で体を隠してはいけないというものだった。
そのため、理香子は両手を体の横に垂らしたまま乳房も下腹部の黒い茂みも丸出しの恰好で男の前へと歩いていった。
 
玄関で待っていた若い男は、丸裸の美女が恥ずかしそうに俯いたまま、その体を曝け出すようにして現れると、再び驚きの表情を浮かべた。

「お待たせして・・・ごめんなさい。こ、これが残りのお金です」

男の前に立った理香子は恥ずかしさに声を震わせながら、男に小銭を手渡した。
一メートルも離れていない距離で裸の美女と向き合う形になった男は、理香子のあまりに美しくも卑猥な体に魅了され、思わず手を伸ばして乳房やお尻を触りたい衝動に駆られた。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

中野の提案を聞いた理香子は、あまりに酷過ぎる命令にさすがに拒んだ。
すると、中野をはじめとするご近所さん達全員が、言う通りにしないなら理香子が家の中で全裸生活をしている事をマンション中に言いふらし、さらにマンションの定例集会をこれから理香子の部屋で行い、住民全員の前でストリップショーを披露じてもらうと脅してきたのだった。

「そんな・・・」

ご近所さん達から脅された理香子は、返す言葉がなかった。
マンションの住民全員の前でストリップを披露するなど想像するだけで目眩がした。
そんな事になれば、これからこのマンションでどんな顔して暮らしていけば良いのかも分からなかったし、とても生きた心地がしなかった。

一体どうすればいいの・・・。

理香子がいつまでも食卓で途方に暮れていると、玄関の方から男の呼ぶ声が聞こえた。

「さぁ、理香子さんどうするの?早く決めなさい!」

中野に促され追い詰められた理香子は、もう辛く悲しい決断をするしかなかった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「理香子さん、どうしたの?」

菅原が、丸裸のまま慌てて戻って来た理香子にわざとらしく声を掛けた。

「小銭が足りなかったみたいで」

理香子はそう言って、食卓にとりあえずピザの箱を置くと、自分の財布から足りない小銭を取りに行こうとした。

「理香子さん待って。小銭なら私が出すわよ」

最年長の中野はそう言うと、理香子に足りない小銭を渡した。

「すいません。ありがとうございます」

小銭を受け取った理香子が、再び玄関に向かおうとすると、中野がいきなり理香子の腕を掴んだのだった。

「待ちなさい。せっかくだから玄関で私達に面白いショーでも見せてくれないかしら」

中野は意味深な表情でそう言うと、丸裸の美人妻に向かってとんでもない提案をした。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「全部で三千三百円になります」

男は領収書を理香子に見せると同時に、再び露わになった美人妻の裸を食い入るように見つめた。
理香子は、菅原に渡された三千円で十分足りると思い込んでいたため、差し出された領収書を見て慌てた。

「ご、ごめんなさい。すぐにお金を取ってきます」

理香子はそう言うと、ピザの箱を両手に抱え、男に背中を向けて綺麗なお尻を振りながら部屋の奥へ小走りで駆けていった。
 
理香子が部屋に戻ると、廊下の見える扉の付近にご近所さん達が集まって、隙間からずっと玄関の様子を覗いていたのが分かった。

みんな私が知らない男の人の前で裸を晒している姿を見て楽しんでいたのね・・・本当に酷い人達だわ。
理香子は自分が完全に彼女達の見世物になっているのを思い知り、悔しくて仕方なかった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「あっ、それじゃあこちらが商品になります」

二十代前半と思われるデリバリーの男は、年上の人妻の艶っぽい裸に釘付けになりながら、理香子からお金を受け取ると、持って来たピザの入った三つの箱を理香子に渡した。

「あ、ありがとうございました」

ピザの箱を受け取った理香子は、今度は両手でそれを抱える恰好となり、乳房だけでなく下腹部の黒い茂みまで男の前に晒してしまい、理香子はこの羞恥から一刻も早く逃れようと慌てて扉を閉めようとした。

「あの・・・お金が足りないんですけど!」

扉の隙間からデリバリーの男は大きな声で叫び、閉じられようとする玄関の扉を強引に押し広げた。

「そんな・・・」

理香子はデリバリーの男の言葉に驚き振り返った。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「ウォッ」

理香子が扉を開けると、男の驚く声が部屋の中にいるご近所さん達にまで聞こえた。

「あぁん、こんな恰好でごめんなさい」

理香子は羞恥に顔を真っ赤に染め、体を小刻みに震わせながら男に謝った。
 
今、目の前にいるデリバリーの男は、理香子の部屋を訪れるのは初めてで、いきなり丸裸で現れた美女に酷く驚いた様子で、目を血走らせながら理香子の体の隅々までを脳裏にしっかり焼き付けようとしていた。

「あの・・・これ」

男がじっと立ったまま手に持ったピザの箱をなかなか渡そうとしなかったので、理香子は一秒でも早くこの状況から逃れるために、さっき菅原から渡された三千円を男に差し出したのだった。

その瞬間、理香子の乳房を隠していた右手は胸から離れることになり、形良い豊満な乳房や綺麗なピンク色の乳首が男の前に丸出しになった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

ピーンポーン、再びチャイム音が部屋の中に鳴り響くと、菅原は理香子の腕を強引に引っ張り、無理矢理席を立たせた。

「さぁ早く、玄関で受け取ってきて!」

菅原は胸の奥から込み上げる笑いを必死に堪えながら、理香子の背中を押して丸裸の美人妻を恥辱の舞台へと送り出した。

酷い人・・・見ず知らずの男の人の前に素っ裸を晒して羞恥に悶える私の様子を鑑賞するつもりなのね・・・。
理香子は、以前はとても仲の良かった菅原の陰湿な企みに、強い憤りを覚えた。
 
そうして理香子は仕方なく両手で剥き出しの体を隠した恰好で玄関へ向かい、一度大きく深呼吸をした後、恐る恐る扉を開けたのだった。

夫に全裸生活を命じられてから、宅配業者の男などがやってくる度に何度もこの瞬間を経験していたが、見ず知らずの男の前に裸を晒す瞬間は、何度経験しても慣れるものではなく、理香子は襲い来る羞恥に心臓の鼓動は激しく高鳴らせていた。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

そして理香子以外のご近所さん達は、互いに顔を見合わせると意味深な笑みを浮かべ、これから始まる美人妻の新たな羞恥ショーに淫靡な期待を寄せた。

程なくして、再び部屋の中にチャイムが鳴り響き、どうやらデリバリーの男が玄関の前まで来たようだった。

「理香子さん、これで受け取ってきてくれるかしら」

菅原は、理香子に千円札を三枚手渡し、玄関にピザを受け取りに行くよう促した。

「えっ・・・私が取りに行くんですか?」

理香子は、寄りによって一人だけ裸の自分に取りに行かせようとする菅原の言葉が信じられなかった。

「ここはあなたのお家なんだから当然でしょ」

菅原があっさりとそう言い切ると、他のご近所さん達も同調するように、理香子に取りに行くよう促した。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト