FC2ブログ

[PR]
◆恋人達のアイテム◆
LOVERSDAY







もう一人の美人妻の話へ >>

「あらぁ、理香子さん、それじゃあどうして乳首がこんなにも勃っているのかしら。本当は私達に裸を見られて感じているんじゃないかしら?」

理香子の隣に座っている最年長の中野がそう言って、理香子の乳首を指差した。

すると、食卓を囲む全員の視線が理香子の乳首に集中し、確かに綺麗なピンク色をしたそれは、硬く尖っていたのだった。

「いやぁぁん・・・見ないで下さい」

自らの体の恥ずかしい反応を露骨に指摘された理香子は、羞恥に顔を真っ赤に染めながらうろたえた。

「ヤダぁ、理香子さん、乳首ビンビンじゃない」

「てことは、やっぱり理香子さんて露出狂なんだぁ」

「真面目で清楚な人妻さんだとばかり思ってたけど、人は見かけによらないって本当なのねぇ」

ご近所さん達は、美人妻の尖った乳首を見つめながら、理香子が露出狂だと勝手に決め付け盛り上がった。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「理香子さん、ところでどうして家の中では全裸で生活していらっしゃるの?」

奥山という理香子と同じフロアに住んでいる四十代の主婦が唐突に問い掛けた。

「それは・・・」

それまで黙って他の人達の会話を聞いてただ相槌を打っていただけの理香子は、突然全員の視線が自分の方に向き、慌てた。

「もしかして理香子さんて露出狂なのかしら?」

「ヤダぁ、そうだったの・・・私全然知らなかったぁ」

ご近所さんの中では理香子と割と歳の近い三十代の篠田と小島の二人の主婦がそう言って勝手に盛り上がると、理香子は慌ててそれを否定した。

「ち、違います、私そんなんじゃありません」

しかし、ダイニングにも監視カメラが設置されていたため、理香子は露出狂である事を否定しながらも、相変わらず剥き出しの体を隠せなかった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

理香子の部屋のダイニングテーブルにはご近所さん達が持ち寄った料理が並べられ、八人の主婦達が椅子に座ってランチ会が開かれようとしていた。

それは一見どこにでもあるような女子会の風景であったが、ただ一人丸裸の美人妻が混じっていることが異様な雰囲気を醸し出していた。

「それでは今日は、私達ご近所同士の親睦を深め合いましょう!乾杯!」

幹事の菅原が乾杯の音頭を取ると、各自手に持ったグラスを重ね合わせた。
 
そうして、ご近所同士のランチ会は始まり、互いに他愛もない会話をしながら、料理を楽しんだ。
一番最年少で部屋の主でもある理香子は、他のご近所さん達のグラスの様子に目を配りながらワインを注いだり、空いたお皿をキッチンに運んだりと、素っ裸のまませわしなく動き、他の女性達は談笑しながらも横目でその姿を面白そうに眺めていたのだった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

まだまだお楽しみはとっておかなくちゃ。こんなすぐにイカせたら面白くないじゃない。
理香子さんにはこれからおもいっきり恥を掻いてもらうんだから・・・。

菅原は胸の奥に抱く邪な企みを成功させるために、敢えて若妻の裸身に群がるご近所さん達の行為を諌めたのだった。
 
幹事の菅原の呼び掛けによって、ご近所さん達はようやく若妻から手を離し、用意されたテーブルの席に着いた。
どうにか快感地獄から逃れられた理香子は、少しだけ菅原に感謝したが、菅原の意味深な表情を見ているとこれから何か途轍もない羞恥に襲われそうに感じ、脚をガクガク震わせた。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「あぁっ、あぁん」

理香子は、部屋に訪れた六人のご近所さん達に体中を弄られ、立ったまま喘いだ。

そして、今回のランチ会の首謀者である菅原は、想像していた以上の展開の早さにほくそ笑み、部屋の中で悶える丸裸の美人妻の様子を楽しそうに見つめていた。

ランチ会はまだ始まってもいないのに、理香子の体はすでに官能に侵され始め、このままではランチ会の間にとんでもない痴態を晒してしまうように思えた。

「ねぇ皆さん、理香子さんの体は後ほど存分に堪能させてもらうとして、とりあえずランチ会を始めましょうよ!」

ランチ会の幹事である菅原は、理香子の体を弄り続けるご近所さん達に呼び掛けた。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「確かに理香子さんのこのオッパイ羨ましいわ」

今度は渡辺という五十代前半の主婦が意味深な表情を浮かべながらそう言うと、理香子の胸におもむろに手を伸ばし、片方の乳房をその弾力を確かめるかのように揉みしだいたのだった。

「あぁっ、いやぁん」

二人の年輩女性に剥き出しの体を触られた理香子は、さっきよりも少し大きな喘ぎ声を漏らし抵抗しようとした。

しかし、夫の章が部屋の至る所に仕掛けた監視カメラによって、この状況さえも後で夫にチェックされるかと思うと、夫の命令通りご近所さん達の好きなように体を触らせるしかなかった。

「私も触らせてもらおうっと」

二人の年輩女性の大胆な行動に触発されたのか、桜庭という四十代の主婦がもう片方の乳房に手の伸ばし、同じように揉み始めると、傍で様子を見ていた他の三十代、四十代のご近所さん達までも次々と若妻のお尻やお腹に手を伸ばし、スベスベした柔肌を撫でまわした。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

先に理香子の部屋にやって来て待っていた菅原が、理香子はいつも家の中にいる時には服も下着も身につけない全裸生活をしているらしいわよと伝えると、六人のご近所さん達は皆唖然としながらも、乳房もお尻も股間もまったく手で隠そうともしない若妻の体を舐め回すように見つめ、批評し合った。

「理香子さんて、とっても素敵な体をしているのねぇ。オッパイも大きいのに全然垂れていないし、お腹は引き締まっていて、お尻へかけてのこの曲線もとっても綺麗だわ」

中野という五十代後半で一番最年長の主婦はそう言って、理香子の体を褒め千切ると、その手を理香子の腰に伸ばし、ウエストからヒップにかけての曲線を撫で上げたのだった。

「あぁん」

剥き出しの肌を撫でられた理香子は思わず小さな喘ぎ声を漏らし、その若妻の恥じらう姿を見たご近所さん達の加虐心に火を付けることになった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

丸裸の美人妻に案内されて部屋の奥へ入って来た六人の主婦達。
彼女達は同じマンションに住むご近所さん達で、たまにマンションの廊下やエントランス、近くのスーパーなどですれ違い挨拶する顔見知りであった。
 
全員、二十九歳の理香子よりも歳上の女性ばかりで、一番上が五十代、一番歳の近い女性でも理香子より五歳以上離れていた。
そして、若妻の暮らす部屋に初めて入って来た彼女達は、壁に掛けられてある絵画から棚に置かれている小物まで、まるで犯行現場の現場検証をする警察官のように好奇に満ちた眼差しで部屋中をくまなく観察するのだった。

ただ、彼女達が一番そのギラギラした視線を向けていたのは、部屋の中に置かれている家具や小物ではなく、やはり若妻の剥き出しの体であった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

羞恥に怯える理香子が玄関の扉の前でいつまでも立ち尽くしていると、再び玄関のチャイムが鳴り響き、続いて外から扉をノックする音が聞こえた。

「は、はい・・・」

思わず扉のすぐ外にいるご近所さん達に向かって声を出してしまった理香子は、もう完全に逃げ場を失い、ノブに手を掛けるとゆっくり扉を開いていった。

「キャッー」

扉が開かれると、理香子の姿を目撃したご近所さん達の間から一斉に悲鳴が響いた。

「あぁん、こ、こんな恰好でごめんなさい・・・ど、どうぞ中へ入って下さい」

理香子は羞恥に声を震わせながら、乳房も恥毛も剥き出しにしたまま、驚いた表情のご近所さん達に向かって呼び掛けた。
 
マンションの中で噂の美人妻のおもいがけない姿での登場に、近所の主婦達は戸惑いながらも、互いに顔を見合わせると意味深な笑みを浮かべ、興奮した様子で若い美人妻の暮らす部屋の奥へ侵入していくのだった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「さぁ早く扉を開けてあげたら」

菅原はほくそ笑みながら、羞恥に震える理香子に言って聞かせた。

「は、はい・・・」

理香子は、自分とは対照的にすっかりリラックスした様子の菅原を恨めしそうに見つめた後、ゆっくりと玄関へ向かった。
 
奴隷契約を結んでいる夫の章からの命令で、ご近所さんがやって来た際には両手で体を隠す事が許されていなかった理香子は、形良い豊満な乳房も下腹部の黒い茂みも丸出しにしたまま、扉を開けてご近所さんを迎え入れるしかなかった。
 
玄関の扉の前までやって来た理香子は、高鳴る鼓動を少しでも鎮めるために、そこで一度大きく深呼吸をした。
同性とはいえ、自分の裸を見られるのはやはり羞恥極まりない事で、しかも相手が同じマンションに住むご近所さん達である以上、これからも関わっていかなければいけないわけで、そう考えると羞恥心はさらに高まった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト