FC2ブログ

[PR]
◆恋人達のアイテム◆
LOVERSDAY







もう一人の美人妻の話へ >>

そして、菅原はもう理香子にとって以前のような何でも相談できる優しいお姉さん的な存在ではなくなり、自らの体を貪るスケベなおばさんでしかなくなっていった。

そんなある平日の午後、たまたま仕事が休みだった理香子が、スーパーの買い物帰りにマンションのエントランスで菅原とばったり出くわして立ち話になった時があった。
理香子は早く部屋に戻りたかったのだが、菅原が一方的に喋り続けて、理香子は買い物袋を持ったまま菅原の立ち話に付き合う事になった。

するとそこへ、同じマンションに住む四十代、五十代の主婦達が通り過ぎ、マンションの中で交友関係の広い菅原は彼女達を呼び止め、立ち話の輪に引き込んだのだ。そうして立ち話が盛り上がる中、その中心にいた菅原がおもいがけない提案をしたのだった。

「そうだぁ!今度、理香子ちゃんの家に皆で集まってランチ会しない?」
 
日頃、同じマンションに住んでいても、それほどご近所同士の付き合いも少ない事から、互いの親睦を深めたいねという話の流れから出た菅原の発言で、一緒にいた四十代、五十代の主婦達はすぐに賛同した。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

理香子が部屋の中ではいつも全裸で生活をしている事を知った隣人の菅原は、それから頻繁に理香子の部屋を訪れるようになり、その若く美しい体を理由を付けては弄ぶようになった。

夫の章がほとんどの部屋に仕掛けた監視カメラのせいで、理香子はそうした菅原の行為に対してまともに抵抗することもできず、剥き出しの体を晒したまま、好き放題に触られるしかなかった。

「理香子ちゃん、どうしていつも部屋の中でスッポンポンでいるの?」

菅原に真顔でそう尋ねられた時に理香子は、夫と結んだ奴隷契約のせいだとはとても言えず、「その方が気持ちが良いので・・・」と恥ずかしそうに誤魔化すしかなかった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「理香子ちゃんて、本当にエッチな体してるのね」

菅原はそう言うと、今度は乳房を弄っていた手をそのまま下におろし、理香子の引き締まった腹部を触り、さらにその下の黒い茂みを撫で始めたのだった。

「優子さん、そこは触らないでください」

理香子は腰を引き、必死に逃れようとしたが、監視カメラで夫に見られていると思うと、手で隠す事も遮る事もできず、恥毛を好き放題に引っ張る菅原の行為にただ耐えるしかなかった。
 
そうしてこの時、理香子と菅原の隣人関係は、それまでの姉妹のように慕い合う関係から、淫靡な想いの絡んだ主従関係へとゆっ
くり変容していく事になるのだった。

それは、理香子が夫の章だけでなく、隣人の菅原にまで調教される生活の始まりをも意味していた。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「それじゃあ、今度はオッパイを触らせてもらおうかな」

菅原は、目の前で恥ずかしそうに悶える理香子の姿に加虐心を焚きつけられたのか、理香子に再び正面を向かせると、その形良い豊満な乳房に手を伸ばし、その感触を確かめるように揉みしだいた。

「あぁぁん、優子さん本当にもう止めて下さい・・・あぁぁん」

理香子は同性に剥き出しの乳房を弄られるのも恥ずかしかったが、何よりも姉のように慕っていた菅原の豹変した姿に心が追い付いていかなかった。
 
どうしてこんなことするの・・・。

目の前で欲情を剥き出しにして自らの乳房を触る菅原の姿に、理香子は彼女の本性を垣間見た気がしていた。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「理香子ちゃん、アナタ凄い体してたのね。服の上からだと全然気付かなかったわ」

菅原は、丸裸の理香子が一向に体を隠そうとしない事から、理香子はもしかしたら露出狂かも知れないという疑念を抱き始めていた。

「ねぇ、お尻も良く見せて」

菅原はもういつもの優しいお姉さんの顔ではなく、ただのスケベなおばさんの顔になって若い美人妻の体を見つめ、理香子に後ろを振り向くようお願いした。

「うわぁ、大きなお尻ねぇ!なんだか近くで見ると思わず触りたくなっちゃう」

菅原は感嘆の声を上げると、いきなり理香子の生尻を両手で撫でまわした。

「あぁん、優子さん止めて下さい」

理香子は、姉のように慕う隣人の女性に剥き出しのお尻を撫でられる羞恥にショックを覚えながら、玄関の狭い空間の中で体を捩じらせ悶えた。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

「キャッ、理香子ちゃんどうしたの?もしかしてお風呂に入っている所だった?」

菅原は、扉の向こうから丸裸で現れた理香子にビックリした様子で、見てはいけないものを見てしまったように慌てたが、初めて見る理香子の想像以上に美しく、そして卑猥な体つきにすぐに魅了されてしまったのか、玄関の中へ強引に入って来ると、理香子の裸をまじまじと眺めたのだった。

「あぁっ、そんなに見ないで下さい・・・」

理香子は、乳房や下腹部に向けられる菅原の露骨な視線から体を隠したかったが、玄関に設置された監視カメラに捉えられているせいで、両手で体を隠す事ができず、形良い豊満な乳房も下腹部の黒い茂みも、菅原に晒し続けた。
 
夫の章は、理香子に部屋で全裸生活を命じただけでなく、ご近所さんが訪れた際には体を手で隠す事さえ許していなかったのだ。

そして、夫が忙しい仕事の合間にスマホで家の中に設置した監視カメラの録画映像をくまなくチェックしている事を知っていた理香子は、奴隷妻の立場として、その命令を忠実に守り抜くしかなかった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

こんな恰好で彼女の前に出て行かなきゃいけないなんて・・・。

理香子はこのマンションに引っ越してきた当初から、隣の部屋に住む菅原とは親しくさせてもらっていて、気さくな性格の菅原は、年下で美人な理香子の事を何かと気にかけてくれていた。そして、理香子も菅原の事を慕い、マンションの生活などで何か困った事があれば良く菅原に相談に行ったりしていたのだ。

そんな本当の姉妹かのような付き合いをしている隣人の前に、家の中とはいえ丸裸で出て行かなければいけない時の理香子の羞恥は尋常なものではなかった。

理香子が恥ずかしさのあまり、部屋の中で立ち尽くしていると、何度も玄関のチャイムが鳴り響き、心配した菅原が玄関の扉をドンドンと叩きながら

「理香子ちゃん、どうしたの?大丈夫?」

と大きな声で呼び掛けてきて、理香子は仕方なく脚をガクガク震わせながら玄関の前まで辿り着くと、ゆっくりと玄関の扉を開けたのだった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

それは、夫の章が意図した通りに理香子が身も心も奴隷化している事の表れであった。
名も知らぬ男達に至近距離から自らの裸を鑑賞され、体が勝手に疼いてしまう。理香子はそんな自分に戸惑いながらも、宅配業者の男達が帰った後、一人きりの部屋で疼く体を自分の手で慰めた。

いつも部屋の中では丸裸で生活するようにという夫の命令は、こうして理香子の中に新たな性癖を開花させようとしていた。
ただ、玄関のチャイムが鳴る時は、いつも宅配業者の男達ばかりとは限らず、たまに、同じマンションに住むご近所の主婦が訪ねてやって来る事もあったのだ。

全裸生活を始めてまもない頃に、隣の部屋に住む菅原優子という四十代の主婦が、旅行のお土産を持ってやって来た事があった。
理香子はインターホンのモニターに映る彼女の姿を見て戸惑った。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

理香子の部屋を訪れる宅配業者の男性は数人いて、五十代くらいの男性はすっかり理香子の住んでいる部屋と名前を覚えたのか、玄関のチャイムが鳴り、理香子が部屋の中からインターホンのモニター画面を覗いた時にはすでに厭らしい笑みを浮かべ、恐る恐る玄関の扉を開けると開口一番に「今日も奥さんの綺麗な裸を見られて嬉しいよ」と馴れ馴れしく声を掛けてくるのだった。

また、三十代くらいの宅配業者の男性は、最初の頃は照れた様子で、なるべく理香子の裸を見ないようにしていたが、こちらもだんだん慣れて来たのか、理香子が玄関の扉を開けた瞬間から、ほとんど理香子の体ばかりを見つめ、隅々まで鑑賞するようになっていたのだ。

あぁん、恥ずかしい・・・。

理香子は宅配業者の男達を玄関に迎える度に羞恥に悶え、名も知らぬ男達に至近距離から裸を見られる度に秘部を濡らした。
そして、あろうことか玄関のチャイムが部屋に鳴り響くだけで、条件反射のように下半身が勝手に疼きだすまでになっていた。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト

もう一人の美人妻の話へ >>

普段、部屋に訪れるのは宅配業者で、初めてやって来た宅配業者の男性は、玄関から現れた素っ裸の美女に驚き、その体を暫くボッーと見つめた後、慌てて荷物を渡して帰っていたが、何度も荷物を持って訪れるようになると、だんだん宅配業者の男性も慣れて来るのか、露骨な視線を理香子の剥き出しの体の隅々にまで向け、厭らしい笑みを浮かべるようになっていた。

そんな時、理香子は恥ずかしくて顔を真っ赤に染め上げ、必死に体を隠そうとするのだが、印鑑を押したりサインを書いたり荷物を受け取る時には、片手または場合によっては両手を体から離さなければならず、その際に胸や股間、お尻が宅配業者の男性の前で丸出しになってしまうのは避けられなかった。
テーマ:官能小説
ジャンル:アダルト